ローズヒップオイルは私たちのすべてのにきびの悩みへの答えですか?

アキュアローズヒップオイルデザイン

治療法

キムカーダシアン西公式アプリ

記事上で

ローズヒップオイルとは何ですか? にきびに対するローズヒップオイルの利点 その他の肌の利点 ローズヒップオイルの副作用 どうやって使うのですか ローズヒップオイルの最高の製品

皮膚について確かに知っていることがいくつかあります。(1)皮膚は体の最大の器官であり、(2)その行動は「予測不可能」として最もよく説明されています。にきびがドアをノックして到着し、それに答えるしかない日には、これらの突然の課題にどのように取り組むかを決定する必要があります。あなたがこれを読んでいるなら、あなたはおそらく私たちと同じようにスキンケアに夢中になっているので、おそらくそれを単に滑らせるつもりはないでしょう。だからこそ、貴重なにきびファイターが地球からの贈り物から直接来ることができることをお知らせすることに興奮しています:ローズヒップオイル、 信じられないほどの癒しの力 ネイティブアメリカンによって何世紀にもわたって祝われ、古代エジプト人やマヤ人のような文明によって使用されました。



ローズヒップオイル

  • 材料の種類:
  • 主な利点: 肌を明るく均一にし、傷を再生して癒し、老化防止、弾力性、コラーゲンの生成を助け、にきびの発生の可能性を減らします。
  • 誰がそれを使うべきか: 一般的に、ローズヒップオイルはニキビができやすい肌を含むすべての肌タイプに有益です。
  • どのくらいの頻度で使用できますか: 朝と夜の1日2回の使用は安全ですが、顔全体に使用する前に必ずスポットテストを行ってください。
  • うまく機能します: 一般的に、ローズヒップオイルは、にきびと戦う処方に含まれるほとんどの製品や成分に使用できます。
  • 一緒に使用しないでください: ローズヒップオイルはビタミンAが豊富なので、レチノイドを含むにきび製品を使用するときは注意してください。

ローズヒップオイルとは何ですか?

「ローズヒップオイルは、野生のバラの茂みの種子から抽出された圧搾オイルであり、最も一般的にはアンデス南部だけでなく、世界の他の地域でも育ちます」と、ニューヨークを拠点とする化粧品皮膚科医のSejal Shah、MD、FAADは説明します。の創設者 SmarterSkin皮膚科

シャー博士によると、ローズヒップオイルには「ビタミン、抗酸化物質、必須脂肪酸が豊富に含まれている」ため、保湿剤や皮膚軟化剤の成分としてよく見られます。また、一部の皮膚科医はローズヒップ酸を主要な抗ニキビ力と見なしています。ローズヒップオイルがどのようにブレイクアウトを寄せ付けないかを正確に学ぶために読んでください。

にきびに対するローズヒップオイルの利点

一部の皮膚科医や美容愛好家によると、ローズヒップオイルのような天然の代替品は、化学物質ベースの製品と同じように肌の悩みを治療するのに効果的です。にきびと戦う目的でローズヒップオイルに特に興味がある場合は、次の利点が最終的​​に試してみるように説得する可能性があります。

  • リノール酸が含まれています リノール酸は、水分を閉じ込め、刺激物を遮断する脂肪酸であり、スキンケアにとって貴重な物質です。シャー博士によると、リノール酸の存在は、ローズヒップオイルをニキビの戦闘員として有用なものにします。 'ローズヒップオイルには、かなり大量のリノール酸と少量のオレイン酸が含まれています。研究によると、ニキビができやすい人の皮膚表面の脂質は、主にオレイン酸で構成されており、リノール酸が不足しています。 リノール酸を適用すると、マイクロコメドン[最小のにきびの傷]のサイズが小さくなります。
  • レチノイドを含む レチノイド 、ビタミンAに由来する、またはビタミンAに関連する化合物のグループは、老化防止特性とにきび防止力の両方のおかげで、最近大きな人気を博しています。シャーによれば、ローズヒップオイルには少量が含まれています トレチノイン 、にきびを改善することが示されているレチノイド。
  • 脂肪脂質とアスコルビン酸が豊富 「ローズヒップオイルは脂肪脂質とアスコルビン酸が豊富で、[したがって]にきびの症状のいくつかに対処するための潜在的な選択肢です」と理事会認定の皮膚科医であるレイチェルナザリアン医学博士は述べています。 シュヴァイガー皮膚科グループ ニューヨークで。
  • 抗酸化剤として機能します あなたのにきびの発生が顕著な赤みまたは皮膚の変色を伴う場合、ナザリアン博士はローズヒップオイルがいくらかの救済を提供できると信じています。 「ローズヒップオイルは強力な抗酸化物質であり、フリーラジカルによる損傷から保護します。抗炎症の観点から、特にニキビが炎症性で、より赤く、柔らかい場合、ニキビができやすい肌にいくつかの利点をもたらす可能性があります」とナザリアン博士は説明します。

その他の肌の利点

ローズヒップオイルは、ニキビを抑える性質の他に、次のような他の方法でも肌の色に効果があります。

カニエがビヨンセについて言ったこと
  • 色素沈着を減らします' ニキビを予防できることを示唆する証拠は[最小限]ですが、ローズヒップオイルにはニキビの原因となるしみやしみを減らす成分が含まれているため、肌の色がより均一になります」とナザリアン博士は言います。
  • 肌に潤いを与える :シャー博士はローズヒップオイルの保湿力を指摘し、 ナザリアン博士による脂肪酸(皮膚に自然に潤いを与える)の有用な存在の推定に同意します。
  • アンチエイジング特性があります その水分補給能力のおかげで、 酸化防止剤 (フリーラジカル、しわ、小じわと戦う)、そしてコラーゲン産生を促進するその能力を備えたローズヒップオイルは、アンチエイジングに焦点を当てたスキンケアレパートリーへの賢い追加です。



ローズヒップオイルは肌に潤いを与え、色素沈着を抑え、アンチエイジング効果があります。

ローズヒップオイルの副作用

ローズヒップオイルは通常、低リスクのスキンケア成分と見なされており、一般的に有害な副作用とは関係ありません。とはいえ、シャー博士は最初に皮膚の小さな領域でローズヒップオイルをテストすることをお勧めします: '一般的に、ローズヒップオイルは忍容性が良好ですが、顔や他の目に見える部分に使用する前に、目立たない領域でパッチテストを行うのが最善ですエリア。」

どうやって使うのですか

'ローズヒップオイルは肌に直接塗ることができ、希釈する必要はありません。手のひらに2〜3滴入れ、手のひらをこすり合わせ、患部をマッサージします。 あるいは、スポット治療として使用することもできます。高品質の100%純粋なローズヒップオイルを使用していることを確認してください」とShah博士は説明します。

ローズヒップオイルのやさしい配合は、保湿剤を塗る前に1日2回(朝と夜)使用できることを意味します。ただし、他の局所皮膚治療と同様に、最初に自分の顔にテストローズヒップオイルを見つけて、刺激に気付いた場合は使用量を減らすことをお勧めします。

ローズヒップオイルの最高の製品

Shahは、すべて純粋な有機ローズヒップオイルを使用し、添加物を含まない次の製品を推奨しています。



三部作 認定オーガニックローズヒップオイル 29ドル ショップ

このベストセラーオイルには、弾力性と水分補給を促進する必須脂肪酸が豊富に含まれています。 にきびの傷跡を減らす



テディオーガニック ローズヒップシードエッセンシャルオイル $ 13 ショップ

による インスタイル 、2000人以上のアマゾンユーザーがこのオイルに夢中になっています。このオイルは抗炎症作用があり、肌を引き締めて輝きを保ちます。



Acure Organics エッセンシャルローズヒップオイル $ 11 ショップ

この軽量オイルは、コールドプレスされたバラの果実の種子でできており、肌への浸透を最大化します。

ローズヒップホイップモイスチャライザー

エミネンスオーガニック ローズヒップホイップモイスチャライザー 58ドル ショップ

保湿剤の形でローズヒップオイルを試してみたい場合は、すべて天然の成分で作られたこの優しいクリームを手に入れてください。

グリコール酸角質除去クレンザー

ボディメリー グリコール酸角質除去クレンザー 19ドル ショップ

スキンケアルーチン全体を通してローズヒップオイルの利点を発揮するには、ローズヒップオイルとグリコール酸の両方を使用して細い線を滑らかにし、にきびを防ぐこの角質除去クレンザーから始めます。

ハイドレイティングトナー

GoPure ハイドレイティングトナー $ 17 ショップ

なだめるようなマンサクとローズヒップオイルがこのトナーで一緒に働き、肌をふっくらさせ、毛穴を整え、ニキビの隆起のない滑らかな肌をもたらします。

Futuredew

グロッシエ フューチャーデューオイルセラムハイブリッド $ 24 ショップ

輝きのある輝く肌が最優先事項である場合は、この美容液に手を伸ばしてください。この美容液は、植物ベースの抽出物(ローズヒップオイルを含む)を使用して、余分なグリースや残留ニキビを残さずに深く潤いを与えます。

愛する人のための保護呪文
大きな可能性を秘めたあまり知られていないスキンケア成分であるベータグルカンのご紹介 記事の出典私たちはあらゆる機会を利用して、査読済みの研究を含む高品質の情報源を使用して、記事内の事実を裏付けています。私たちを読んでください 編集ガイドライン コンテンツを正確、信頼性、信頼性を維持する方法について詳しく知るため。
  1. MármolI、Sánchez-de-DiegoC、Jiménez-MorenoN、Ancín-AzpilicuetaC、Rodríguez-YoldiMJ 異なるローザ種からのローズヒップの治療への応用Int J Mol Sci 。 2017; 18(6):1137。土井:10.3390 / ijms18061137

  2. Ottaviani M、Camera E、PicardoM。 にきびの脂質メディエーターメディエーター炎症 。 2010; 2010:858176土井:10.1155 / 2010/858176

  3. Huang TH、Wang PW、Yang SC、Chou WL、Fang JY 魚油の脂肪酸の皮膚への美容的および治療的応用3月の薬 。 2018; 16(8):256。土井:10.3390 / md16080256